VOICE

着替えなど、ちょっとしたものを置いておくスペースがない。

洗面室のお悩みの大部分を占めていたのが「一時的に衣類を置くためのスペースがない」というお悩み。着替えをもって脱衣所に行きたいけど、置き場所がない……というケースが多いようです。

VOICE

洗面化粧台の使い方について。

約85%の方が1週間のうち少なくとも1度は洗面化粧台を掃除しているという結果でした。掃除頻度は高いと思ってよさそうです。

VOICE

洗面室で使う消耗品をストックしておきたい。

買い置きの有無については「なくなったらその都度買う」という方はわずか8%で、92%の世帯で買い置きをされているという結果となりました。洗剤やシャンプーなどは安売りのときに購入するというご家庭も多いようです。

VOICE

無駄なくスペースを使い、適材適所に収納したい。

洗面室の収納について、もっとも共感度が高かったのは「スペースを無駄なく有効に使いたい」というもの。
デッドスペースが出来ないよう、空間をうまく使った収納が求められています。スペースが限られているからこそ、「適材適所の収納」という観点も注目されているようです。

VOICE

洗面化粧台を少し高めにして、より作業がしやすいように。

洗面化粧台を高くすることによって期待される効果は「洗顔がしやすくなる」「腰が痛くなりにくくなる」など。洗面台が低すぎると、水がハネてしまって足元が濡れてしまう原因にも。また、容量が大きくなるため、収納力アップも期待されています。

シエリア彩都の取り組み