CIELIA
image photo image photo

image photo

関電不動産開発の

ZEH(ゼッチ)マンションへの取り組み

関電不動産開発は、「人に、まちに、明るい未来を」のスローガンのもとに、
安全性や快適性、機能性、デザイン性を追求した”幸せとつながる住まい”づくりを推進してまいりました。
持続可能な社会の実現に向けた新たな取り組みとして、ゼロカーボンエネルギーのリーディングカンパニーである、
関西電力グループのリソースを結集し、集合住宅の開発を通じたZEH-Mの普及に取り組んでまいります。

ZEH(ゼッチ)=
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは

ZEH(ゼッチ)の説明図 ZEH(ゼッチ)の説明図

ZEHとは、建物外皮の断熱性能の向上と高効率な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現させ、そのうえで再生可能エネルギーを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅のことです。

※関電不動産開発が推進するZEH Orientedとは仕様が異なります。

私たちが推進するZEH-M Oriented

集合住宅におけるZEHの定義と目指すべき水準は様々ありますが、関電不動産開発では、外皮の断熱性能を向上させ、高効率設備の導入により一次エネルギー消費量を削減することでZEH基準を満たした集合住宅、「ZEH-M Oriented」を選択。
持続可能な“幸せとつながる住まい”づくりを目指して、「ZEH-M Oriented」を推進し、集合住宅における省エネルギー化に取り組むことで、ZEHマンションの普及に貢献してまいります。