【公式】レジデンス|シエリア大阪上町台パークタワー|大阪城を望む全112邸29階建タワー|Osaka Metro谷町線「谷町四丁目」駅徒歩6分、梅田・本町エリア直結|関電不動産開発・三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンション

RESIDENCE

外観完成予想CG

構想える、

この大いなる視界。
この胸のすく開放感。
大阪のシンボルが見える、
大阪のシンボルから見える。

2019年5月撮影

南北に緑豊かな
公園を抱えた、
未来を見晴らす邸。

大阪城を望む北側に難波宮跡公園。 豊かな陽光が射し込む南側に広小路公園。「シエリア大阪上町台パークタワー」は、このふたつの公園に隣接して誕生します。大阪市内のタワーマンションにおいて、過去に1例のみという、“タブルパークフロント”の立地。 都心で、しかも中央区の上町台で、史跡公園が目の前に広がるタワー邸宅。未来まで見晴らせそうな、伸びやかな開放感です。

※難波宮跡公園(徒歩3分/約220m)・広小路公園(徒歩1分/約30m)
※眺望の見え方は住戸によって異なり、大阪城の見えない住戸もあります。大阪城を含め、眺望は将来にわたって保証されるものではありません。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

三方道路の
ゆとりある角地に、

“上町の杜”を創る。

個性的なダブルバークフロントに加え、敷地は更なる開放感が際立つ三方道路の角地です。敷地の北側・西側・南側に公開空地や歩道状公開空地を設け、住棟をセットバックして配置しており、視界にヌケ感のある心地よい居住性を実現します。また、大阪城の緑の波紋が難波宮跡公園の緑と融合し、本プロジェクトの植栽がそれに呼応して南側の広小路公園にまでつながり、“上町の杜”を創造するランドスケープデザイン構想。緑地率22.5%以上の潤い豊かな植栽計画です。

敷地配置イラスト

敷地配置イラスト

ZOOMING + COLUMN

自然と溶け合う暮らし。
季節感を愉しめる
植栽プラン。

自然と溶け合う暮らし。
季節感を愉しめる
植栽プラン。

北西角のエントランスアプローチでは、10m超える大きなシラカシがお出迎え。この大木のある西側は「新緑の景」をコンセプトに、緑の濃淡の美しい木々で構成します。難波宮跡公園と向かい合う北側は「紅葉の景」、北東角の付近は「早春の景」。オオシマザクラ、コブシ、イロハモミジ、カラタネオガタマなど大阪城公園のなかに見られる木をはじめ、季節感を愉しめる樹木を配植します。開花時や紅葉時における彩りにも気を配り、時を経るほどに味わいを深める、“上町の杜”を創ります。

※植栽写真は全て参考写真です。
 植栽は計画段階のものであり、樹種等が変更になる場合があります。

Copyright © Kanden Realty & Development Co.,Ltd. All Rights Reserved.