【公式】歴史|シエリア大阪上町台パークタワー|大阪城を望む全112邸29階建タワー|Osaka Metro谷町線「谷町四丁目」駅徒歩6分、梅田・本町エリア直結|関電不動産開発・三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンション

HISTORY

image

歴史、
力。

いにしえ人は、ここに、
安寧の「気」を感じたのだろうか。

  • そこは、
    日本の新しい時代が
    始まった場所。

    645年、蘇我一族による横暴に対して中大兄皇子や中臣鎌足らが立ち上がり、蘇我本宗家を滅ぼしました。その後、即位した孝徳天皇は、豪族とのしがらみの強い飛鳥を離れることを決意。その当時、交通の要衝として賑わっていた難波に遷都しました。652年に完成した「難波宮」は、天皇の住まいと、日本で初の政府機能を合わせた壮大な宮城。その建物の素晴らしさは、「日本書紀」にも記されているほど。宮城を核として、周囲に一定の都市計画をもってつくられた難波京。それは、現在の国際都市・大阪のルーツとも言えるでしょう。

    出典:特別展 大阪遺産難波宮(大阪市文化財協会/旧称・大阪文化財研究所)

  • 前期難波宮の構造 出典:大阪市文化財協会

    前期難波宮の構造 出典:大阪市文化財協会

  • いにしえより、
    注目された上町台地。

    上町台地に築造された「難波宮」や「大坂城」。かつて、この地を掌中に収めるべく奮戦した信長も、舟運の便がよく、四方を難所に守られ、大河が集中し、また大阪湾に面しアジア・ヨーロッパへの門戸であると、世界まで視野に入れた立地観を述べています。上町台地は、約5,000~6,000年前より海に突き出た高台として半島状を形成。この台地の北端こそ、天皇、信長、秀吉ら歴史に名を刻む先人たちが渇望した場所なのです。
    ※1 信長公記より※大田午一が慶長年間に著した信長の一代記

  • 河内湾時代の古地理図 出典:大阪市文化財協会

    河内湾時代の古地理図 出典:大阪市文化財協会

ZOOMING COLUMN

大阪市中央区の上町台に誕生する
「シエリア大阪上町台パークタワー」

    • 上町筋の歩道(徒歩1分/約80m)

      上町筋の歩道(徒歩1分/約80m)

    • 大阪城公園(徒歩9分/約650m)

      大阪城公園(徒歩9分/約650m)

      広小路公園(徒歩1分/約30m)

      広小路公園(徒歩1分/約30m)

    ※掲載の写真は2019年4月・6月に撮影したものです。

  • 上町台地の本格的な住宅地開発は、明治以降に行われた耕地整理や土地区画整理に始まります。当時、大阪市周辺部で帝塚山のある住吉区や、阪南町、昭和町、美章園のある阿倍野区では大いに住宅地開発が進み、上町台地は住宅地として人気が高まりました。その上町台地の中でも、昨今は利便性の高い都心部が注目されています。その傾向を示すデータ※2として、2019年「成長する街ランキング」で大阪市内では中央区が1位に選ばれました。都市の活力を享受する一方で、広大な公園や緑豊かな中でくつろげる環境面もトップ選出となったことと無関係ではないと思われます。「シエリア大阪上町台パークタワー」は、落ち着いて暮らせる環境に恵まれた中央区の上町台に誕生します。

    出典:阿倍野区ホームページ、大阪市の土地区画整理事業一覧、都市文化研究 14号 2012年(川口夏希)
    ※2 SUUMOの関西96市区成長する街ランキングより(2019年5月14日発行)
  • マンション建設地は、
    武家地が拡がっていた
    大坂城三の丸内。

    1583年、織田信長のあとをついだ豊臣秀吉は、上町台地の北端に大坂城を築きます。それは、本丸、二の丸、三の丸、惣構という防御施設に囲まれた2km四方にも及ぶ巨大な城でした。右の図は、豊臣期の三の丸建設地範囲を示したものです。この度のマンション建設地は、かつての「大坂城三の丸」内。特に数多くの武家屋敷が拡がっていた城の南側です。

    出典:豊臣大坂城外郭線推定図(大阪市文化財協会)

  • 出典:豊臣大坂城外郭線推定図(大阪市文化財協会)

    豊臣大坂城外郭線推定図

ZOOMING COLUMN

静と動と程よい距離感で暮らす。
「シエリア大阪上町台パークタワー」

    • 上町筋の歩道(徒歩1分/約80m)

      上町筋の歩道(徒歩1分/約80m)

    • 広小路公園(徒歩1分/約30m)

      広小路公園(徒歩1分/約30m)

      大阪城公園(徒歩9分/約650m)

      大阪城公園(徒歩9分/約650m)

    ※掲載の写真は2019年4月・6月に撮影したものです。

  • さまざまな利便を享受して、快活に暮らす。それは、都心居住の醍醐味ですが、そこに心から落ち着ける空間や時間が寄り添っていたら、より上質な都心生活になると思います。大阪の行政機関が集積した街で、OsakaMetro「谷町四丁目」駅より梅田・本町エリアへ直結する、上町1丁目アドレスの私邸。目の前にひろがる広大な難波宮跡公園は、日常の憩いの場に。街路樹が醸す潤いを感じて、博物館、能楽堂、神社、史跡などを巡るのも愉しい。大阪都心のここには、便利さだけではない、心の豊かさを味わえる暮らしがあります。

    ※OsakaMetro「谷町四丁目」駅(徒歩6分/約420m)・難波宮跡公園(徒歩9分/約720m)

Copyright © Kanden Realty & Development Co.,Ltd. All Rights Reserved.