エントランス完成予想CG

DESIGN

美しい住環境に調和する、
モダンな風格のたたずまい

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、そして水辺の潤い。
水都を代表する風景が美しい、大川のほとりという立地に相応しい佇まいをデザインしました。

田淵 賢 氏

本物件の設計・デザイン担当者

一級建築士事務所 株式会社都市建
田淵 賢 氏

外観完成予想CG

外観完成予想CG

感性に響く、
モダンな風格の佇まい

柔らかなホワイト系をベースとしたファサードは、大川沿いの桜並木から着想した木彫ルーバーやブラウンガラスがアクセントに。シンメトリーを用いてデザインし、都心らしい、モダンな印象を創り出しています。乳白ガラス手摺では、大川の伸びやかな流れを表現。建ち並ぶビルを想起させるコーナーデザインで、周囲と調和する雰囲気を演出しています。

温かみのある表情を演出する
マテリアルを採用。

レジデンスとしての風格にこだわり、外壁の一部には
重厚感ある表情を演出する白色系の石状塗装を採用しました。
また木調のアルミルーバーや乳半色のガラス手すりを用い、
自然豊かな大川のほとりに相応しい温かみのある佇まいを創出。
黒のアルミサッシやブラウンガラスの手摺など
濃色系の色をアクセントに合わせることで、
スタイリッシュで都会的な印象も生み出しています。

[ 採用予定のマテリアル ]

  • マテリアル
  • マテリアル
エントランス完成予想CG

エントランス完成予想CG

ENTRANCE 上質な時間へ
心地よく響くアプローチ

天満橋を渡り、エントランスへと続くアプローチは、上質さを感じさせるデザインに。ホワイトを基調とした外壁タイルと床面のタイルで洗練された印象を演出しています。

エントランスホール完成予想CG

エントランスホール完成予想CG

ENTRANCE HALL 都心の賑わいを浄化する
やすらぎの間。

木彫ルーバーのドアを用いることで、エントランスにアクセントを創出。柔らかさを感じさせる波型タイルがエントランスホールの奥へ続き、都心の喧騒から落ち着いたやすらぎの空間へ導きます。

LAND PLAN

概念図

三方角地、
開放感あふれるポジション。

「シエリア天満橋」は敷地の三方が道路に接した、独立性の高いポジションに誕生。
さらに敷地南側の「シエリアタワー大阪天満橋」は建物前面に広々としたオープンスペース(公開空地)を計画。

概念図

ゆとりある距離が生む、
心地よい陽光。

本物件と「シエリアタワー大阪天満橋」まで約27mの十分な距離を確保。
通常よりもゆとりの距離感で、都心の物件ながら陽光も開放感も
たっぷり味わっていただけます。