家族みんなの夢を叶えるリビング充実プラン

シエリアプラスリビング

Vol.01

ライフスタイルの変化がもたらすリビングの使い方

近年、話題の「リビ充家族」。

01

住まいに対する考え方の変化

リビングMAX・寝室min

家族みんなが
多くの時間をリビングで過ごす傾向に

※マンション購入家族の暮らし方調査(首都圏)/2016年11月(株)リクルート住まいカンパニー

年齢別のリビング滞在時間を見ても、ご夫婦の滞在時間が1日の約7~8割と特に高く、お子さまの場合でも年齢ごとにばらつきはあるものの、いずれも高い数値となっています。
「スマホを使う」、「電話をかける」といったプライベート性の高い行動もリビングで行う傾向にあることが分かりました。

※マンション購入家族の暮らし方調査(首都圏)/2016年11月(株)リクルート住まいカンパニー

02

同じリビングで過ごす時間によって

親子がゆるく繋がる関係に

リビングを充実させたい理由をヒアリングしていくと、同じ空間を共有することで感じる心地よさや、親子の関係性の変化に期待していることが読み取れます。
親子関係が気楽(フレンドリー)になり、リビングでそれぞれ好きなことをしていても、それなりに連帯感や一体感を感じられている人が半数を超える結果となっています。

※マンション購入家族の暮らし方調査(首都圏)/2016年11月(株)リクルート住まいカンパニー

※リビ充家族:(株)リクルートホールディングスによって「住まい・社会人学習・進学・美容など8領域の新たな兆し」として、2017年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードとして発表されました。

リビングを充実させた住まいのニーズが高まる中、
関電不動産開発では、お客様の声に基づく、「想い」に寄り添った
商品開発に取り組んでいます。

シエリアプラスリビング vol.02