街の声MEDIA REVIEW

金沢で名店を営む
オーナーに
街の魅力を
語っていただきました。

柿木畠の老舗和食処「あまつぼ」代表取締役の雨坪毅樹さんと、テーブルコーディネートや着物の着付けなど和の心と洋の技術を融合した心豊かな暮らし方を提案する会社「WAKONN」の代表取締役早川由紀さんに この町の魅力や住み心地などをお聞きしました。

  • INTERVIEW01
    株式会社あまつぼ
    代表取締役雨坪毅樹さん
    「私たちと一緒に心ゆたかな暮らしを楽しみましょう。」
    詳しく見る
  • INTERVIEW02
    有限会社WAKONN
    代表取締役早川由紀さん
    「心豊かな暮らしを誰もが実感できる場所です。」
    詳しく見る

INTERVIEW01

株式会社あまつぼ 代表取締役 
雨坪毅樹さん

食のレベルの高さは全国屈指

  • 両親が店を始めたのが昭和39(1964)年ですから開店から半世紀以上が過ぎました。私が小学4年生になるまでは店舗の2階が住まいだったこともあり、幼いころからずっと金沢の街の移り変わりを見てきました。
    店は金沢市役所や石川県庁の職員、金沢大学の教員・学生たちが毎日気軽に利用できる食堂として親しまれてきました。最近は国内外からの観光客の利用も増えています。

私自身、気になった食べ物があれば全国に足を運び、自分の目や舌で確かめるように心がけています。あちこちでいろんなものを食べる度に、金沢の食のレベルの高さを実感できますね。食材の豊富さや盛り付けの美しさ、料理を引き立てる器選びなど、どれをとってもトップクラスだと思います。

金沢の中でも、広坂・柿木畠界隈は、「食のまち」をキャッチフレーズにしているだけあってさまざまなジャンルの飲食店が充実しています。「今日はこの店、明日はここ」と毎日外食をしても飽きることがないのでは(笑)。喧騒とは無縁の遠い落ち着いた雰囲気もこの界隈の魅力ですね。

心豊かな暮らしが待っている。

金沢を代表する観光スポットの多くは、広坂・柿木畠から徒歩で10~15分のご近所圏内に集中しています。天下の名園「兼六園」や世界的に人気が高い「金沢21世紀美術館」を日常の散歩コースできるなんてとても贅沢なことだと思います。
私も店が休みの日には、美術館をめぐった足で行きつけの店に向かい、リラックスした時間を過ごすことが多いです。時には近くの九谷焼専門店「諸江屋」に立ち寄って店で使う器を探したりすることも。

すぐ近くの百貨店「大和」のデパ地下グルメを購入したり、自転車やコミュニティバスを使えば近江町市場へのアクセスも簡単ですから、生活を楽しめるエリアだと思います。

また、徒歩で数分の「しいのき迎賓館」や「いしかわ四校記念公園」、周辺の商店街では毎週のようにさまざまなイベントが開催されており、休日の外出先には困りません。もうすぐ近くに日本海側では初めての国立美術館となる工芸館が開館するので、ますます発展すると期待しています。

ともに広坂暮らしを楽しむ

  • 最近、金沢でも街中に住まいを構えることが、トレンドというかステイタスになっているように感じています。車がないと不便な郊外と違い、徒歩や公共交通機関で事足りる街中での暮らしを求める人が増えているのでしょう。

商店街が主催する「金沢下町カレー博」などのイベントにも「下町」という言葉が入っているように、広坂・柿木畠一帯には今も下町らしい人情が残っています。
町内会では毎年「柿木畠水掛け神輿」という祭りを開催していて、新たに住民となった方が希望されれば、神輿の担ぎ手となって一緒にお祭りを盛り上げてほしいと願っています。住む方が増えれば地域の賑わいも生まれますし、新しく広坂人となる方々との出会いや交流を楽しみにしています。

INTERVIEW02

有限会社WAKONN 代表取締役 
早川由紀さん

父の患者さんへの
思いが詰まったクリニック

  • 小学3年から現在のクリニック(早川浩之の内科医院・上柿木畠)のある場所で両親や祖母と一緒に暮らしてきました。広坂は思い出が多く、愛着のある街です。クリニックは勤務医だった父が定年退職後、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合いたいと思い開院。ちょっと体調が悪くなった患者さんが、気軽に足を運びたくなるような病院を目指しています。

自然光が降り注ぐ待合室は、フローリングやチェアなど木の温もりを大切にし、冬場は暖炉に薪を燃やしています。「病院ということを忘れてしまうほど、心地よくゆったり過ごせる」と患者さんにもとても喜ばれています。これからもホスピタルの語源となる「ホスピタリティー=もてなし」を大切にしながら、地域の患者さんの一番身近なファミリークリニックでありたいと思っています。

早川浩之の内科医院(徒歩5分/約260m)
診療時間:火・木・金 9:00-13:00 14:00-18:00 | 月・水・土 9:00-13:00
休診日:日曜日・祝祭日

四季の変化を楽しめる
散歩コースが充実。

まちなかでありながら、自然と共に暮らせるのは、このエリアの大きな魅力です。さまざまな木々が四季の移ろいを知らせてくれます。朝は小鳥たちのさえずりで目覚めます。すぐそばに北陸随一の繁華街があるとは思えないほど、朝晩は静寂に包まれ、心落ち着く時間が流れます。兼六園や21世紀美術館、しいのき迎賓館、四高記念文化交流館などがすべて徒歩圏内にあり、コースを変えての散歩を楽しめます。さらに美術館やミュージアム、コンサートホールなど、雨や雪の多い金沢でも室内で心地よく過ごせます。

また輪島塗や九谷焼、加賀友禅など伝統工芸の粋を楽しむ、センスのいいセレクトショップや老舗が揃っていいます。あちこち見て回りながらお気に入りの器を探してみるのも一興。私は百万石通り沿いにある漆器専門店「能作」に時々顔を出しています。亡き祖母から譲り受けた漆器のメンテナンスをしてもらったり、新しい加工技術を施した漆器を紹介してもらったり。器と食のコーディネートに役立つ貴重な情報をたくさんいただいております。

ゆったり過ごしたい大人に
オススメのまち

  • 金沢は古いものと新しいものが見事に融合し、その磨き抜かれた個性が多くの人々を魅了します。特別な日でなくても、和服で出かけても違和感なく、周囲の景観になじんでしまうのも金沢ならではの魅力の一つでしょう。幼いころ、料理の盛り付けや器の片づけなどを手伝いました。祖母が楽しみながら教えました。心豊かな暮らしを立ち止まって考えるきっかけとなりました。今の食環境コーディネーターの仕事に活かされていると思っています。改めてこの街と祖母には感謝の気持ちでいっぱいです。

金沢の食を楽しむにも柿木畠や広坂、香林坊エリアは、最適な場所です。ワインの品揃えに自信をもったソムリエのいる店や、こだわりのひと皿を提供する店主がいる店など。「今日はあの人に会いに行きたい」と思わせてくれる人情味あふれるお店が揃っています。食事を楽しみたい大人におすすめします。

  • ※写真提供:金沢市
  • ※掲載の人物写真・施設内写真は2020年3月に撮影されたものです。