Living in AKASHI 明石市に暮らす

SCROLL

image photo

好循環を拡大させ続ける、
明石市のまちづくりとは?

明石市は現在、人口・流入数・出生数等が大幅に増え続けています。
すべての人に「やさしい」まちづくりと、こどもを核としたまちづくりという施策が、
さまざまな方の安心と共感を生み、人口が増えていく。
7年連続定住人口増加を受けて、まちは活性化し、財源も豊かになっていく。
だからこそ施策はさらに充実し、より深い安心、
より豊かな暮らしやすさへとつながっていく。
明石市は、そんな好循環のもと、施策や暮らしのサービスを充実させ続けています。

「明石市」まちの好循環概念図

「明石市」まちの好循環概念図
まちづくり総論(好循環SDGs2020/02-2版,明石市)より

WE LOVE
AKASHI

充実したサービスで、

市民満足度も大幅UP中。

「まちづくり市民意識調査」で、「明石が好き」「住みやすい」と答えた方は、共に90%を超える回答に。本来高かった共感度が、ここにきてさらに上昇(2014年度時点では、共に80%超)。当初目標を上回る共感を得ています。さらに「住みやすい」そして「住み続けたい」と思う方を増やすべく、明石市はすべての人にやさしい、持続可能なまちを目指すと共に、「トリプルスリー」の目標を掲げて、行政施策の充実化を図っています。

明石が好き

「明石のまちに愛着を感じる」と回答した人の割合

「明石のまちに愛着を感じる」と回答した人の割合
住みやすい

「住んでいる地域が住みやすい」と回答した人の割合

「住んでいる地域が住みやすい」と回答した人の割合

まちづくり総論(好循環SDGs2020/02-2版,明石市)より

TRIPLE
THREE

この好循環で、

明石市が目指す「トリプルスリー」

人口が増えることで街が活性化し、財政が豊かになることで、
さらなる暮らしやすさへの施策充実へとつながっていく。
この好循環のもと、明石市が目指すのは「トリプルスリー」。
関西圏第1位の子育て世帯転入超過数を背景に、人口目標へは、あとわずか。
出生数も4年連続で増え続けています。さらに明石市は「本のまち」を推進。
2台体制での移動図書館車などを通じて、子どもだけではなく、
すべての世代の学びを支援しています。
■明石市公式ホームページより(2020年5月時点)

人口30万人
出生数年間3,000人
本の貸出冊数年間300万冊

Column

「シエリアシティ明石大久保」では
明石市の教育・支援制度を最大限活用可能!

住・商・学・医・公、さまざまな機能の複合タウン内に誕生する「シエリアシティ明石大久保」。タウン内共用棟には、学童保育の支援をはじめ、シニアライフ、ママ&キッズなど、「すべての人にやさしい」明石市の方針を体現するようなコミュニティ運営が計画されています。「シエリアシティ明石大久保」は、「子育ての街」「すべての人にやさしい街」の理想を、進化するために生まれます。

image photo
image photo

Attention

「シエリアシティ明石大久保」の
共用施設・子育てサポートについては、
資料請求者様限定サイトで限定先行公開します。
ご期待ください。

先行情報を知りたい方は今すぐ資料請求

Request

Back to Top

※掲載の情報は2020年5月現在のもので、今後変更になる場合がございます。