クロストーク

#05

共働き世帯をはじめ、DINKs、シニアなど、ライフスタイルが多様化しているなか、
家族の時間を大切にしたいという考えを持つ方が増えてきました。
家族がリビングに集まる、リビングを中心とした暮らしが今注目を浴びています。

今回のクロストークでは、具体的な「リビング充実プラン」を元に、オリジナルでワクワクするような家具配置はもちろん、どんな暮らし方の提案ができるのか、建築企画部とシアワセなヒトトキ運営メンバーで考えてみました。

MEMBER PROFILE

田辺 萌
田辺 萌タナベ モエ
住宅事業本部
販売部 販売計画
グループ

商品企画担当であり、「#シアワセなヒトトキ」の運営メンバー。昨年までは京都でマンション販売を担当していました。

前羽 美穂
前羽 美穂マエバ ミホ
住宅事業本部
販売部 販売計画
グループ

メールマガジンの配信をメインに、プロモーションを担当。「#シアワセなヒトトキ」の運営メンバー。


田中 雄也
石崎 昌志イシザキ マサシ
住宅事業本部
建築企画部
木下 和樹
駒井 克哉コマイ カツヤ
住宅事業本部
建築企画部
横岩 伸子
志太 飛勇雅シダ ヒュウガ
住宅事業本部
建築企画部

ゼネコンや設計事務所、メーカーなどとの協議調整を中心に、マンションの企画・設計段階から竣工まで全般をコーディネートしています。

料理をするときに気にしていること(グラフ)

“リビ充”プランを考えました。

#石崎一般的な70㎡前後の広さで、プライベートな居室を確保しつつも、家族が集うリビングダイニング空間をどこまで広く確保することができるだろうか、というところからスタートして、今回のこの“リビ充プラン”を考えました。

さっと料理できるコンロが好まれる気がするけど…。

現代にピッタリのプランだと思います。

#前羽“リビ充”は近年話題になっていますよね!
家族それぞれがバラバラのことをしていても、同じ空間にいることでなんとなく家族の絆を感じることができそうです。
共働きの家庭が増え、家族が一緒に過ごせる時間が少なくなった現代にピッタリのプランだと思います。
それにしても、LDK(リビング・ダイニング・キッチン)が約20帖って、贅沢な間取りですね。

使った後の手入れは楽チンに限る!

贅沢な広さのLDKを思い切って、72㎡で実現しました。

#駒井そうですね。一般的な間取りだと、20帖のLDKなんて専有面積が100㎡あっても確保出来るかどうか・・・。
100㎡の間取りでやっと作れるような贅沢な広さのLDKを思い切って、72㎡で実現しました。

さっと料理できるコンロが好まれる気がするけど…。

いろいろなことができそうで、
考えるだけでワクワクしますね!

#志太これだけLDKが広いといろいろなことができそうで、考えるだけでワクワクしますね!
壁面が約10mもあるので、この壁でカッコイイことが出来そうですよね。黒板クロスや塗料を使えば、お子様と一緒に、壁を使って勉強したりお絵描きしたりもできますよね!リビング学習は成績が上がるっていう話もよく聞くし、教育にも良いんじゃないでしょうか。
ネコを飼っている家庭だったら、長いキャットウォークを作るとかも面白いかも(笑)
あとは壁面が広いから憧れのホームシアターなんかも作れますね。

留守中に掃除をしてくれると助かるよね。

壁面が多いと将来的にも色んなことが出来そう。

#田辺広い壁面、工夫しがいがありますね。
収納が少ないかなと思ったんですけど、壁一面に収納を作るっていう手もありますね。
壁面が多いと将来的にも色んなことが出来そうで、おもしろいと思います。

ロボット掃除機を使うための整理整頓が必要なのでは?

ダイニングテーブルを置く場所はちょっと難しそうなような…。

#前羽リビングが広いと、お部屋のコーディネートの幅も大幅に広がりますよね。
アウトドアが好きだったら、室内にハンモックやテントを置いて、アウトドア風なリビングにしてみるとか!
開放感のあるリビングなので、ロードバイクを飾ってみたり、植栽のグリーンを置いても、雰囲気が出ますよね。
でも、ダイニングテーブルを置く場所はちょっと難しそうなような・・・。

ロボット掃除機でキレイになって一石二鳥!

お客様次第で用途が広がりますよ!

#石崎食事は、キッチンカウンターで出来るようにカウンターを幅広に設計しています。
バーカウンター風にも使ってもらえるからお客様次第で用途が広がりますよ!

ロボット掃除機を使うための整理整頓が必要なのでは?

料理を通して毎日の家族の会話も広がる気がします。

#前羽アイランドキッチンっていうのもお洒落ですよね。
お料理好きな方は嬉しいと思います。
友達や家族、親戚を招待してホームパーティーをしたい時もみんなと一緒に料理ができて盛り上がりそうですね!
キッチンが中心にあることによって、料理を通して毎日の家族の会話も広がる気がします。

ロボット掃除機でキレイになって一石二鳥!

家族のコミュニケーションが深まりそうです。

#田辺仕切りがなく空間が広いので、普段の生活の時も家族の顔が見えるので、お母さんが家事を始めたら自然と子ども達もお手伝いするようになりそうですよね。
家族のコミュニケーションが深まりそうです。

ロボット掃除機を使うための整理整頓が必要なのでは?

解放的でいながら、安心感や一体感を感じられる暮らしができると考えました。

#駒井そうなんです。壁で部屋を仕切らずゾーン分けをする事で、解放的でいながら、安心感や一体感を感じられる暮らしができると考えました。
それぞれが個室にこもってしまっている暮らし方と違い、リビングで家族それぞれが異なることをしていても、互いの顔色や様子を感じ取れるので、自然にコミュニケーションができることも「リビ充」のメリットだと思います。

ロボット掃除機でキレイになって一石二鳥!

リビングはただのくつろぎの場から家族それぞれが自由に過ごす
「多機能空間」になっているのかもしれませんね。

#田辺リビングはただのくつろぎの場から家族それぞれが自由に過ごす「多機能空間」になっているのかもしれませんね。
ただ、開放的で家具配置の自由度が高いゆえ、間取り図面だけを見ても具体的な暮らし方をイメージするのが難しいかもしれないですよね…。暮らし方に合わせた家具レイアウトや、インテリアの雰囲気が分かるようなイラスト付きの間取りがあれば、お客様も「リビング中心の暮らし方」のイメージがしやすいのではないでしょうか。

今後の課題として検討していきましょう!

TOPTOP