CIELIA

関電不動産開発の住まい「シエリア」 
-CIELIA-新築分譲マンション・一戸建て

【結果発表】知りたい!みんなの「和室の使い方について」 実施期間:2017/10/1〜2017/11/30

自宅に「和室」が欲しいですか。

回答

「和室」のニーズは依然として高い。

生活スタイルの変化により、洋室のない間取りも多くみられますが、7割以上の方が和室を要望されており、和室のニーズはまだまだ多いようです。

回答

和室を設ける場合、どの場所に欲しいですか。

回答

独立した「和室」のニーズは少ない。

「個室」として使用できる独立した和室を求める方よりも、LDに隣接した場所に和室を求める方が多い結果となりました。和室を開放してリビングと一続きで使用することが出来れば、空間を何通りにも使えるかもしれません。


和室を設ける場合、どのような場として活用したいですか。

回答

ライフスタイルによって様々な使い方がある

一番多かったのは来客者の宿泊用の使用(おもてなしの和室)でしたが、寝室や個室など「普段使いとしての和室」や「子どもの成長を支える和室」、書斎など「自分磨きの和室」と、とても使い方が幅広いことが分かりました。 ライフスタイルが多様化する中、フレキシブルな空間として使えることが和室の魅力なのかもしれません。